スタッフブログ

  • 市民セミナー番外編 「臨床検査と市民のつどい」

    2012年7月04日(水曜日)

    テーマ:市民公開医療セミナー

    古賀病院グループは、
    新古賀病院の管理棟5階に講演会を行えるホールを持っていて、
    ここで古賀病院グループ主催の講演会などを開催していますが、
    時には他の施設や団体の方がホールを借りて講演会をすることがあります。

    2012年6月23日(土)には、福岡県臨床衛生検査技師会が主催する、
    「臨床検査と市民のつどい」が開催されました。



    この講演会は睡眠がテーマで、
    久留米大学医学部神経精神医学講座教授・内村直尚先生による
    「睡眠障害の心身に与える影響」という演題の特別講座もありました。

    内村先生はテレビ朝日の「家庭の医学」に出演されたこともあって、
    さすがお話し上手、あっという間の60分でした。



    講演内容で印象に残ったお話は、
    ●睡眠のゴールデンタイムは22:00~2:00、
    ここをぐっすり寝ることで良い睡眠をとることができます
    ●睡眠時間は、6時間半から7時間半が最もよく、
    それより長くても、短くても良い睡眠ではありません
    ●いびきを指摘されたら、きちんと睡眠の検査を行い、治療をしましょう
    など、など。

    講演の後には、参加者の方からの質問コーナーがありましたので、
    少しだけ記載します。

     Q : いびきをかく人は必ず睡眠中の無呼吸がありますか?
     A : 必ずではありません、
        いびきをかかれる方の半数位の方に見られるようです。

     Q : 検査の費用はいくらぐらいかかりますか?
     A :まず、流れから
        (1)外来を受診、簡易PSG検査※貸出   
            支払い1割の方・・1500円程度
                                     3割の方・・3500円程度
        (2)無呼吸症候群を強く疑われる方
           (無呼吸低呼吸指数=15以上の方)     
            一泊入院検査フルPSG検査      
           支払い1割の方・・2500円程度
                                     3割の方・・8000円程度

          ※PSG検査 : 睡眠障害を正確に診断するために行う
                  睡眠ポリグラフィー検査のこと

     Q : 無呼吸症候群は完治しますか?
     A : 軽症の睡眠時無呼吸症候群は外科的手術、
        減量などで治る場合もありますが、
        中等症以上の方には継続的にCPAP治療※
        やマウスピース治療が必要です。

          ※CPAP治療 : シーパップ療法(持続陽圧呼吸療法)。
                    寝る時に鼻にマスクを着けて空気を
                    送り込むことによって、
                    気道がふさがるのを予防する治療

     Q : CPAP治療を行っていますが開始したら
        定期的検査は必要ですか?
     A : 必要です。治療開始後6か月くらいで、
        無呼吸がきちんと治っているかの確認をお勧めしています。
        その後はだいたい1年に1度検査をして
        圧を調整したほうが楽に使用できます。
        また、無呼吸は体重の増減が非常に関連してくるので
        体重が急に変化したときは必ず検査を行いましょう。

    皆さんも、ぜひ参考にしてください。

    (臨床検査技師 ゴトウ)