介護老人保健施設 こが21のご案内

介護・福祉サービスのご案内

介護老人保健施設 こが21

介護老人保健施設 こが21

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設(老健【ろうけん】)とは、介護保険の要介護認定を受けた方を対象に、ご自宅(老人ホームを含む)での生活が可能になるよう、看護・介護のケアはもちろん、リハビリ・栄養管理・お食事・入浴などの日常サービスもあわせて提供する施設のことです。ご本人とご家族、施設スタッフが共同して在宅復帰の準備を進めます。



入居対象

介護保険の要介護認定(要介護1~要介護5)を受けられた方であれば、次のような時にご利用いただけます。

●病院での入院治療が終わって病状が落ち着いたけれど、まだ自宅での生活は難しいので、在宅復帰までのサポートを受けたい時
●身体足腰が弱ってきて自宅や老人ホームでの生活が困難になってきたので、リハビリを重点的に行いたい時

当施設の特長

  • 日中は共有スペースで集団生活をしていただき、夜間やお休みの際は個室でゆっくりくつろげる「ユニット型個室」という形式をとっています。
    ユニット型個室
    リビングと食堂を兼ねた共有スペースを10人単位でご利用いただき、他の入所者や介護スタッフと共同生活を送ることで、家庭的な雰囲気の中できめ細やかな介護ケアをお受けいただけます。お部屋は、個人の生活スタイルを尊重するために、全室個室でプライバシーが確保されています。
     
    リビングと食堂を兼ね備えた共有スペース                       ベッド・洗面台・テレビ・キャビネットなどを備えた個室
  • 老健施設と同じフロアにリハビリ室を備え、利用者さんの状態に応じたリハビリを行います。

  • ショートステイ(短期入所療養介護)

     

    ショートステイ(短期入所)とは、自宅で生活している方が、可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、一時的に短い期間(1日から1ヶ月間程度)入所し、看護・医学的管理下で介護、機能訓練(個別的リハビリ)、その他必要な医療等の提供を受けながら心身機能の維持回復をはかるサービスです。また、ご家族の介護の負担軽減などを目的としたご利用も可能です。

    ※ショートステイは介護度により利用できる日数が異なります。詳細に関しては担当されているケアマネージャーにご相談ください。

    利用対象者 

    介護認定(要支援1・2、要介護1~5)を受けられた方

    施設理念

    暮らしを継続し、在宅復帰を目標としたケアを提供する

    ケア方針

            1 日(24 時間)の暮らしをケアする視点

    その他の併設施設

    通所リハビリテーション

    通所リハビリ

    介護保険対象の方がご自宅から通いながら、心身機能の維持回復や日常生活の自立などを目的としたリハビリテーションを提供する施設です。
    広々としたフロアで、利用者さんの目標に向けてスタッフと一緒に進んでいける環境をご提供できるようになりました。

    訪問リハビリテーション 

    訪問リハビリテーション

    介護保険対象の方で、通所でのリハビリが困難な利用者さんを対象に、リハビリスタッフがご自宅に訪問して、リハビリテーションを提供するサービスです。


     介護老人保健施設を退所した後、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションをご利用いただくことができます。
    リハビリ以外にも様々な介護サービスをご提供していますので、ご希望の方はスタッフにご相談ください。

施設へのお問い合わせ

●見学や入所に関するご相談などを随時承っております。見学・ご相談につきましては、あらかじめお電話で日程の調整をさせていただきます。
●お気軽にご相談・ご連絡ください。