循環器内科 不整脈専門外来

介護・福祉サービスのご案内

山部 浩茂先生のご紹介

山部先生

職歴

昭和59年6月 熊本大学医学部附属病院 第二内科学入局
昭和62年4月 東京女子医科大学心臓血圧研究所内科研究生
平成10年2月 米国オクラホマ大学客員研究員
平成10年4月 熊本市立熊本市民病院 循環器内科医長
平成17年4月 熊本大学医学部臨床教授(循環器内科)
平成19年4月 熊本大学医学部附属病院不整脈先端医療寄附講座 特任准教授
平成21年7月 熊本大学医学部附属病院不整脈先端医療寄附講座 特任教授
平成31年1月 社会医療法人天神会 新古賀病院 副院長

資格

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本不整脈学会認定不整脈専門医
  • 日本不整脈学会植え込み型除細動器施設認定医
  • 日本不整脈学会心臓再同期療法施設認定医
  • エキシマレーザー心内リード抜去資格
  • 日本循環器学会認定指導医

学会活動

日本内科学会 会員
日本循環器学会 社員、九州支部評議員、
FJCS(Fellow of the Japanese Circulation Society)
日本心臓病学会 FJCC(Fellow of the Japanese College of Cardiology)
日本不整脈心電学会 会員、評議員
臨床心臓電気生理研究会 特別幹事
九州不整脈研究会 顧問
欧州心臓病学会(ESC) FESC (Fellow of the European Society of Cardiology)
Editorial Board
member
Journal of Arrhythmia (Asia Pacific Heart Rhythm Society)
Editorial Board
member
International Journal of Arrhythmia (Korean Heart Rhythm Society)

 

これまでの診療ならびに主な研究活動

これまで頻脈性不整脈に対する高周波カテーテルアブレーションを約3000例に行い、良好な成績を収めてきました。
発作性上室性頻拍、心房粗動、心房頻拍ではほぼ99%の成功率を達成し、発作性心房細動では90%以上、持続性心房細動でも約80%の高い洞調律維持率を達成しました。
アブレーションにおける新しい有効な治療法についても研究を行い、多くの英文原著論文を国内外の不整脈専門誌に発表致しました。

 

今後の抱負

これまで前任地で行ってきた有効なカテーテルアブレーション法を当院でも普及させ、患者様の要望に応えられる治療を行いたいと思います。

診療時間

診療時間
午前
8:30~
12:00
- 折田 義也 - - 山部 浩茂
折田 義也
-
午後
13:00~
17:00
- 折田 義也 - - 山部 浩茂
折田 義也
-

 

 

お問い合わせ

新古賀病院 循環器内科 不整脈専門外来
0942-38-2271
電話受付時間:火・金 8:30~17:00