• 古賀病院グループ
  • 新古賀病院
  • 古賀病院21
  • 新古賀クリニック
  • こがケアアベニュー
  • 古賀病院グループ 外国語サイト

スタッフブログ

  • 臨床検査部による平成28年度熊本地震の支援活動報告

    2016年10月29日(土曜日)

    テーマ:よりみちこがねっと。

    古賀病院グループ・臨床検査部は、
    2016年4月に起きた熊本地震の支援活動を
    行ってきましたので報告します。

    2016年4月に起きた熊本地震では、
    車中泊をする方が多くいらっしゃったため、
    深部静脈血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)の
    発症について心配されていました。
    そこで、国から支援要請を受けた
    日本臨床検査衛生検査技師会・福岡支部は
    このエコノミークラス症候群の検査を
    被災された方々に行うため、支援に行く人を募りました。
    古賀病院グループからは臨床検査部の執行智恵美さんと
    宮本亜由美さんが参加しました。

    5月4日(水)の災害支援に参加した宮本亜由美さんは
    熊本出身ということもあり、いてもたってもいられなくて
    支援に志望されたそうです。

    現場での状況を伺いました。

    現場では「検査をしています」という
    告知もされていなかったため、
    自ら近隣の皆さんへ声をかけていくと、
    被災者の方々の中には、
    「TVで放送されたエコノミークラス症候群の
    症状に当てはまらないから大丈夫」
    「ストレッチをしているから大丈夫」
    という声も多くあったそうです。

    自分で判断する際は、知識もないため、
    TVやラジオでの情報に頼りがちになりますよね・・・

    それがすべてではないということを、
    被災者の方々と向き合いながら、宮本さんの言葉できちんと
    説明を行い、理解して頂いてから検査をされたそうです。
    検査を行う中では、その他にも弾性ストッキングの
    誤った使い方をされている方も多く見受けられたため、
    正しい使い方のレクチャーや、個々に合ったサイズの
    提案を行ったそうです。

    災害支援の参加は1日間だけだったため、
    報告・連絡・相談などの連携が難しかったようです。
    数日間で終わるのではなく、連日も支援が行える環境が
    必要であるということと、災害支援に慣れた人材が
    必要だったと感じたことも・・・。
    この体験で感じた事や学んだことを院内の勉強会でも
    伝えていきたいとのことでした!





    参加していない私たちでも出来る事は何かないかと
    考えさせられますね!
    そんな気持ちになったところで・・・

    5月5日(木)の災害支援に参加した執行智恵美さんは
    被災地が近かったこともあり、何か役に立てることが
    あればと思い参加されたそうです。

    常に、「何か人の役に立ちたい」と思う気持ちで
    いる人は行動力がありますね☆

    そんな執行さんからも現場での状況を伺いました。

    検査を行った場所は避難所の一角ということもあって
    非常に狭く、通路の確保や個人のプライバシーを
    守りながら行うのが大変だったそうです。

    120名ほどの方々が避難をされているので、
    限られた場所での検査は
    よほど大変だったことが目に浮かびます・・・

    昼間は自宅の片付けなどで避難所にいない方も
    いらっしゃいましたが、
    朝から夕方にかけて合計で66名の検査を行い、
    そのうち11名程度に血栓が認められ、
    ドクターに診断して頂く場面もあったそうです。

    地震発生から約20日経過していることもあり、
    車中泊をしている方も少なくなっていた様子。
    それでもこの人数の血栓が認められたため、
    もう少し早く来ていれば、まだ他にも同じ症状が
    あった方がいたかもしれない・・・。
    執行さんは検査を行う時期を考える必要が
    あるのではないかと思われたそうです。


    被災者の方々は、震災の影響で、
    普段の日常と違う境遇になり、
    心も体も急な変化についていけない状況だったと思います。
    そんな中で、災害支援の人達が協力して声を掛け合い、
    被災者の方々とコミュニケーションをとりながら
    検査を行うことで、少しでも不安な気持ちが
    軽くなったのではないかと思います。

    「今の自分に出来る事は何かを考え、誰かのために行動する」
    という気持ちをこれからも大切に日々の業務を
    頑張っていきたいですね☆

    宮本さん、執行さん、災害支援お疲れ様でした!

    「がんばるけん!くまもとけん!」 (熊本県スローガン)

    これからも様々な場面で、災害支援協力に取り組んでいきましょう

              
                            text/ムカエ

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • 新古賀病院
    0942-38-2222(代表)
    〒830-8577 福岡県久留米市天神町120
    交通アクセス
    新古賀病院
  • 古賀病院21
    0942-38-3333(代表)
    〒839-0801 福岡県久留米市宮ノ陣3-3-8
    交通アクセス
    古賀病院21
  • 新古賀クリニック
    0942-35-2485(代表)
    〒830-8522 福岡県久留米市天神町106-1
    交通アクセス
    新古賀クリニック