GREETING ご挨拶

img01

BOARD CHAIRMAN

古賀 伸彦

Nobuhiko Koga

社会医療法人天神会 理事長

医師としての使命を再認識できます。

初期臨床研修と専攻医研修。どちらの研修でも医師としての基礎をきっちり学んでもらいたいと思っています。技術的なことは当然ですが、医師には技だけではなく患者の立場に立って診療するということを学んでもらいたいです。そのためにはコミュニケーション力が必要です。相手の話しを聞き、相手の生活を理解し、相手の歴史を理解する力を身につけることが必要です。
理解するためにはチーム医療で、看護師や検査技師たちと連携をとって診療をやっていかなければいけません。医療チームの核として育っていくような医者になってほしいと考えています。

当院では先進的な設備をそろえています。先端的な設備を使いながら研修が出来ることが当院の大きな特徴です。系列施設の古賀病院21では、最先端の手術支援ロボットなども導入しています。
また、診療科ごとの垣根が低く、他の診療科の専門的な意見も沢山聞けます。前向きで熱意のある医師たちです。そういう人たちと連携して研修が出来ることも当院の大きな強みです。急性期医療だけでなく、患者さんの疾病構造の変化に伴って介護施設の運営も行っていますので、先進医療から家庭医療まで全てを学べる仕組みがあります。

新古賀病院は医療に前向きに真摯に取り組んでいる病院です。医師として自分の将来を前向きに考えるのに非常に役に立つと思います。当院の良さがわかる医者になってほしいと考えています。
当院に来れば自分の医師としての使命を再認識し、将来について考えていけるようになります。志のある医師を目指す方は是非一度見学に来てください。

img03

DIRECTOR

川﨑 友裕

Tomohiro Kawasaki

新古賀病院 院長

「人々の豊かな生涯を支援する医療・介護」をモットーに、「常に患者さんのために」、「断らない医療」 を実践し、効果的で質の高い医療を広く地域の人々に供給できるよう日々取り組んでいます。

真の実力がつく臨床研修病院です。

 初期臨床研修医制度の発足に伴って新古賀病院を中心に研修施設群を結成しました。
この施設群は各診療分野の専門医を結集したもので、医師としての基礎をしっかり学んでもらう最適な学びの場となることを目的としています。
 これから臨床医として初期研修を始める先生方にとっては、臨床医に必要な技術を習得することは勿論ですが、患者さんの話に耳を傾け、生活や背景を理解し、患者さんの立場に立って診療するという事が大事になります。
また、臨床の場では「チーム医療」の実践が大事となります。このためには「コミュニケーション力」が必要になりますので、研修を行っていただく先生方には患者さんと接する中で、また看護師や検査技師をはじめとするメディカルスタッフたちとの連携の中で「コミュニケーション力」を培っていただき、「チーム医療」の核として牽引していけるような医者に育って欲しいと考えています。

img03

DOCTOR

古賀 久士

Hisashi Koga

循環器内科 主任部長

鉄は熱いうちに・・・医師としての基礎を築くには最適な病院と考えます。

新古賀病院で行う2年間の初期研修期間においては、科学的根拠に基づいた医療とはなにかを学び、医師としての基本的な技量を身に付けることを目標に指導しております。具体的には各診療科の指導医の先生にマンツーマン指導をお願いしており、病歴聴取に始まり身体所見の取り方、鑑別診断及び検査計画の立て方、さらには具体的な検査・治療まで一連の流れの修得ができるようにこころがけています。また特徴の1つが月に4-5回程度の夜間副直と思われます。当院の研修を終了した先生達からは、この副直業務を行ったことで救急車の対応が怖くなくなったという意見をもらっています。
更にその後3年間の後期研修では、より専門的な最先端の医療を学び、技術を磨くことが新たな目標として加わります。H30年4月から新専門医制度が導入され試行錯誤でのスタートとなる感は拭えませんが、我が循環器内科では3年間の後期研修を終了した時点で、心エコー、心臓CT/MRIや核医学検査などの画像診断、ペースメーカ植込み、心臓カテーテル検査まではほぼ修得可能であり、より専門的なカテーテル治療に関しても少なくない症例数の経験が可能となります。
天神会の理念である、『人々の豊かな生涯を支援する医療』を一緒に目指しませんか?たくさんの熱意ある指導医が君たちを待っています。

RESERVE

見学会募集

VOICE

研修医の声