JUNIOR RESIDENT 初期臨床研修医の声

 

%e6%a3%ae%e5%b1%b1dr

DOCTOR

森山 慎哉

Shinya Moriyama

初期臨床研修医

ぜひ一度見学に来てください

新古賀病院を選んだ理由は?
私は久留米市周辺の市中病院で研修をしたいと考えていました。
大学病院よりも市中病院の方がcommon diseaseを多く経験できる点や様々な手技を経験できると考えていたためです。また研修医の人数が多すぎず1つの科を1人でローテートする研修システムにも魅力を感じました。
病院見学に来てみると上級医の先生方やコメディカルの方々がとても温かく、研修医の先生方が活き活きと研修をされている姿を見て新古賀病院を選びました。
新古賀病院の研修の魅力は?
1つの医局の中に全科の先生がいらっしゃるので、診療科間の垣根が低く、他科ローテート中であっても気軽に質問やコンサルトをしたり、何か診たい症例があれば声をかけてもらい一緒に診させてもらうといった事もありました。
また、当院で研修をされてそのまま入局されている先生も多く、指導医として指導して頂けるだけでなく研修生活の中で出てくる不安や悩みなどにも親身になってくださいます。
研修医同士の雰囲気は?
研修医同士はとても仲が良く、困った事があればお互い気軽に相談し一緒に考えたり悩んだりして、良好な関係を築くことができていると思います。
人数は1学年5人程度と多くはありませんが、出身大学に偏りがないため孤立する事なく全員で切磋琢磨できる環境です。

%e8%b0%b7%e5%b7%9ddr_2

DOCTOR

谷川 茉帆子

Mahoko Tanigawa

初期臨床研修医

新古賀病院を選んだ理由は?
私は福岡県内の市中病院で初期研修をして、common diseaseや基本的な手技をしっかりと学びたいと考えていました。病院見学に伺った際、先輩の研修医の皆さんがとても生き生きと仕事をされている姿を見て、ぜひ新古賀病院で一緒に研修をしたいと感じました。また当直では救急車もウォークインもファーストタッチで学ばせて頂くことができ、良い経験を積むことができると考えました。診療科間の垣根がなく、他科の先生にも相談やコンサルテーションがしやすい環境である点も新古賀病院で研修したいと考えた理由の1つです。
新古賀病院の研修の魅力は?
研修医の人数が多くなく各科を一人で研修することが出来るので、様々な症例や手技を経験することができるのが魅力の一つであると感じています。指導医の先生方が手厚くご指導下さり、充実した初期研修を行えると感じています。また当直では様々な科の先生方と一緒になるので、多くの先生方にご指導頂けてとても勉強になります。コメディカルの方々も温かく、採血の方法やエコーの当て方なども丁寧に教えて下さいました。
研修医同士の雰囲気は?
医局の奥にパーテーションで仕切られた研修医のスペースがあり、同期はもちろん二年目の先輩方とも気軽にコミュニケーションを取ることができます。私も分からないことや不安なことがあれば、先輩や同期の皆をつかまえてよく質問しています。優しく温かい人ばかりで、とても恵まれた環境であると感じています。病院見学に来られた際には、ぜひ研修医スペースに顔を出してみて下さい。

14期・15期

初期研修修了者の声

14th & 15th Junior Resident

仲間と共に頑張った、有意義な2年間でした

    • DOCTOR 力武 美帆(2021年3月修了)

 

私が新古賀病院を選んだ理由は、診療科同士の垣根がないことと、当直の際にウォークインを研修医が最初に診察するシステムだったからです。
実際に働き出して他科の先生同士が患者さんの意見交換をしていたり、教え合っている場面を数多く見ました。
また、当直時は上級医にコンサルトをする際に、問診で足りない点や鑑別疾患、治療法など細かく指導してもらい、とても勉強になりました。
この2年間で自分の無力さや知識の無さに、何回も挫けそうになりましたが、熱心な指導医の先生方や周囲の方に指導して頂き、有意義な時間を過ごす事が出来ました。
研修先を迷っている学生さんは、一度新古賀病院に見学に来ると、良さが分かると思うので、是非来てみてください。

 


    • DOCTOR 涌波 慧(2021年3月修了)

 

新古賀病院での初期研修はあっという間の2年間であったように感じます。
入職前は「ちゃんと働く事出来るだろうか?」「人間関係で悩まないだろうか?」などの不安もありましたが、医局の事務さん、上級医をはじめスタッフがみんな優しく、また一緒に入職した動悸の仲間と毎日楽しく切磋琢磨し、2年間過ごせたと思います。
市中病院の特色を活かせて、common diseaseの対応もできるようになり、充実した2年間でした。

 


    • DOCTOR 渡邉 秀隆(2021年3月修了)

 

新古賀病院での研修を考えている皆さんに自分から特に3点の事をお伝えしたいです。
1つ目は、外科志望の方にもおすすめできる初期臨床研修病院だということです。カリキュラムの自由度が高く研修2年目での10カ月は、自分の希望に沿った科を申請する事が出来ます。外科志望の私は、10カ月の内6ヶ月を外科系の科で研修する事を希望し、消化器外科を3ヶ月、心臓血管外科を1ヶ月、呼吸器外科を1ヶ月、乳腺外科を1ヶ月選択しました。各科で、豊富な経験と実績を積まれた先生方から、熱心な指導をして頂き、手技的な面だけでなく、医療に対する姿勢も教わりました。
2つ目は、学会発表を含めて、色々な経験が出来る環境があるという事です。月3~4回のペースで副直として当直をさせてもらう中で、Common diseaseに対する初期対応と考え方が身についていきます。また、2年間で経験できる症例は幅広く、中には稀な疾患もいくつかあります。非常に稀な症例であったため、Meckel憩室内翻によって腸重積を来した1例のテーマで、第82回日本臨床外科学会総会で発表させてもらいました。自分以外の研修医も様々な学会で発表していました。
3つ目は、見学に来ないと分からない事ですが、新古賀病院自体の雰囲気の良さです。各科の垣根が低いため、研修期間外でも相談しやすく、的確なアドバイスをしてもらえます。医師以外のスタッフにも、快く指導してくれる方々が多く、早朝に採血やルートを研鑽する事もできますし、超音波を積極的にあてることも自由です。自分次第で学べる機会がとても豊富にあります。
ぜひ、実際に足を運んでください。

 


    • DOCTOR 冨安 柚乃(2020年3月修了)

 

入職前、他の臨床研修病院に比べると病床数が少なく感じ、個人的に最も不安に思っていました。しかし、実際には、2年間で様々な疾患の診療にあたることができ、満足する研修となりました。
担当症例数も丁度良く、流れ作業になることもなく、時間があるときは依然担当した症例の経過を追ったり、当直でファーストタッチをした症例の経過を確認したりする余裕もあり、勉強になりました。
当直は3-4回/月と普段の業務や勉強に差し支えない程度で疲弊しすぎることなく効率良く学ぶことができました。当直は内科疾患を中心にwalk in、救急車対応どちらも研修医が携わり、上級医のご指導のもと様々な経験をさせて頂き、毎回必ず学びがありました。手技も各科をまわっている研修医は1人か多くて2人なので取り合いになることもなく良かったです。

 


    • DOCTOR 岡部 成倫(2020年3月修了)

 

当院は二次救急病院であり、救急外来や入院患者でcommon diseaseをはじめ、様々な症例を経験することができました。またICLSの取得や技師によるエコーレクチャーなど研修も充実しており、緊急時の対応などしっかり取得することができました。
当院は、各診療科間の垣根がなく、コンサルトがしやすい環境であり、わからないことを積極的に専門の先生に聞くことで知識の発見や整理をすることができます。
各学会の認定医、専門医、指導医である40余名の教育スタッフがチューター制のもと手厚くご指導してくださり、医師1年目で右も左もわからない状態から成長することができたと思います。定時に帰ることもあり、空いた時間に勉強やリフレッシュができ、2年間という限られた研修期間で効率よく知識を習得できたと思います。
この2年間を振り返ると本当に充実しており成長できたと思います。

 


    • DOCTOR 藤澤 徳仁(2020年3月修了)

 

当院の先生方には、2年間、優しく、熱く指導をしていただきました。循環器でのカテーテル治療、消化器では胃カメラ、外科では縫合等多くの手技を経験することができました。
また、救急対応ではwalk inから救急車で来られる患者さん、軽傷の方から重症の方まで様々な経験ができました。
外傷や子どもが来ないので、整形疾患、所に疾患の経験は乏しいですが、協力病院で小児救急や外傷を学ぶことができます。
当院では、大学の医局に属している先生や初期臨床研修から病院に勤務されている先生など多方面からの考え方やお話を聞くことができます。新古賀病院で2年間研修出来て良かったです。

 

RESERVE

見学会募集

VOICE

研修医の声