JUNIOR RESIDENT 初期臨床研修医の声

 

DOCTOR

釈迦堂 有貴

Yuki Syakado

初期臨床研修医

ぜひ一度見学に来てください

新古賀病院を選んだ理由は?
私は福岡県内の市中病院で初期研修をしたいと考えていました。大学病院より市中病院の方が様々な手技を学ぶ機会が多いことはもちろん、私の場合は、研修医の数が多すぎず、1つの科を少ない人数でローテートできる事に魅力を感じました。
実際に見学をしてみて、指導医の先生方、他職種のスタッフの方々のあたたかく、手厚い指導のもと、研修医の先輩方が生き生きと仕事をされている姿が印象的だったので、新古賀病院を選びました。
新古賀病院の研修の魅力は?
担当指導医の先生だけでなく、多くの先生方に指導していただけるので、同じ手技をするにしても様々なアドバイスをもらえます。
また、大学と違って、1つの医局に全科の先生方がいらっしゃるので、他科ローテート中であっても気軽に質問したり、コンサルトすることができます。
研修医同士の雰囲気は?
新古賀病院では当直業務になれるまでの1ヶ月(だいたい3回くらい)は2年目と一緒に副直を経験します。不安でいっぱいの初めての当直業務も2年目の先生がオーダーの出し方や血ガスの採り方など基本的なことから教えてくれるので心強いと思います。
人数は少ないですが、何か困ったことがあれば、みんなで勉強したり、悩んだりしてくれる優しい先輩、後輩に恵まれた環境です。

DOCTOR

竹中 洋一郎

Yoichiro Takenaka

初期臨床研修医

新古賀病院を選んだ理由は?
見学に来た際に、当時の研修医の先生が働く姿や表情を見て好印象を持ちました。また、上級医の先生方やコメディカルの方々とコミュニケーションが取りやすい雰囲気が院内全体にあると感じました。研修先を決める上で、院内の雰囲気を重要視していたので、そこが最大の決め手となりました。
新古賀病院の研修の魅力は?
研修医の人数が多すぎないため、基本的に各診療科に1人ずつの研修医が配属される事になります。そのため、多くの手技を経験でき、指導医だけでなく多くの先生方から指導を受けるチャンスがあります。質問や手技のフィードバックなど、聞きやすい体制が整っていると感じます。スタッフも優しい方が多く伸び伸びと研修できます。
研修医同士の雰囲気は?
研修医同士はとても仲が良く、辛い事があれば相談しあったり良好な関係が築けています。出身大学に偏りがないため、孤立する事なく全員で切磋琢磨できています。繰り返しになりますが、過不足なく丁度良い人数だなと感じています。

11期・12期

初期研修修了者の声

11th & 12th Junior Resident

仲間と共に頑張った、有意義な2年間でした

    • DOCTOR 毛利 紀之(2018年3月修了)

 

新古賀病院での研修を振り返ると働きやすい環境であり、指示を受けるだけでなく、自ら考える機会も多く経験させて頂いた2年間でした。研修医の人数がそれほど多くないため診療科を回っている研修医もそれぞれ1人ずつであるということもあり、多くの先生方が1人に対して指導を行ってくれるということも良い点でした。

 


    • DOCTOR 岡田 康平(2018年3月修了)

 

2年間の研修生活を終え、春からは地元の大学で整形外科の道へ進みますが、進路を決めたのは2年目の8月頃でした。
市中病院らしく各科の垣根が低く、コメディカルスタッフも人当たりのいい人ばかりで、人間関係でのストレスが少なく、研修に集中できます。
まだ進路先の決まっていない人にとっても、決まっている人にとっても有意義な研修ができると思います。

 


    • DOCTOR 南 順也(2017年3月修了)

 

私が新古賀病院での研修を選んだ最大の理由は、研修医が積極的にそして主体的に診療を行うことができると思ったからでした。学生の時に大病院を中心に病院見学をしましたが、規模が大きいほど経験が制限されることに気付き、中規模であり研修医が戦力となるこの病院を選びました。結論から言えば、新古賀病院で研修して良かったと思っています。意欲次第でどこまでも挑戦させてもらえる研修生活はとても有意義で、成長を感じる事ができた2年間でした。
全ての病院で言えることですが、研修医の成長の半分以上は本人の意欲と向上心にかかっています。新古賀病院はそんな研修医の意向を十分に尊重してくれる病院でした。

 


    • DOCTOR 高須 博士(2017年3月修了)

 

研修が始まる前は、医師としてうまくやっていけるのかと不安な気持ちでいっぱいでした。しかし丁寧に指導してくださる上級医の先生方、優しくフォローしてくださるコメディカルスタッフのおかげで、すぐに業務に慣れることができました。何でもすぐに相談できる診療科同士の垣根の低さや、空いた時間にCVカテーテル挿入などの手技や、緊急手術に関わることができたり伸び伸びとした研修期間を過ごすことができ、新古賀病院で研修して良かったと思いました。

 


    • DOCTOR 井上 裕之(2017年3月修了)

 

入職前は非常に不安でいっぱいでしたが、先生方やコメディカルの方々のご指導のおかげで充実した研修生活を送ることができました。
当直では脳卒中や心筋梗塞を中心とした重症患者を対応する機会は他の病院よりも多く、日々の病棟業務においてもどの先生も非常に指導熱心だったため、患者さんの管理や手技的な内容もたくさん経験することができました。きついこともありましたが、新古賀病院での2年間は非常に充実したものでした。

 


    • DOCTOR 野崎 健司(2017年3月修了)

 

新古賀病院を検討されてる学生の皆さん、是非当院の病院見学にいらして研修医の声をお聞きください。そして語りあいましょう。
私は、医学部6年生進級直前の3月に初めて当院を見学しました。その中でも印象的だったのが、研修医の先生方から昼食時及び夜の懇親会で色々お話を伺わせて頂いたことです。研修医と見学の学生しかいない場で、初期臨床研修での経験談や思いを目を輝かせて語る姿を拝見し、具体的な研修内容などを直接耳にすることで、当院であればよい臨床研修ができるであろうという思いに至りました。
実際、2年間の初期臨床研修を修了するにあたり、そのときの思いは間違っていなかったと実感しています。初期臨床研修に対する考えは人様々だと思いますが、是非病院見学に来て研修医とざっくばらんに話をしてみて下さい。

RESERVE

見学会募集

VOICE

研修医の声