TOP > 当センターについて > 医療機器のご紹介

医療機器のご紹介

放射線照射装置を連続的に回転させ、患者さんの乗った寝台をコンピュータ制御で移動させながら、螺旋状に放射線治療を行う装置です。正式にはアキュレイ社のトモセラピー・ハイアート・システム(TomoTherapy Hi・Art treatment system )といい、アキュレイ社製の強度変調放射線治療装置とその制御コンピューター及びソフトウェアのことを指します。
CTを搭載しているため、毎回の治療直前に画像を確認した上で正確な照射が行えることと、照射装置を回転しながら放射線の強度を変化させることによって、従来の放射線治療ではできなかった最適な線量分布が緻密に設定でき、正常組織のダメージを減らし腫瘍組織を分離した放射線治療が可能となります。
放射線治療には体の外から放射線を当てて治療する体外照射と、微小な放射能線源を用いてがん病巣に直接放射線を照射する密封小線源治療などがありますが、リニアックは体外照射装置の中で最も普及した放射線治療装置です。体のどの部分に対しても治療可能で、短時間で照射ができ、広範囲に及ぶ病変に対しても対応できます。
完治を目指す治療(根治照射)や疼痛などの症状を和らげる治療(姑息照射)、乳がんなどに対する術後の予防照射、骨髄移植の前処置としての全身照射など目的に応じて幅広い治療を行っています。
密封小線源という微小な放射能線源(4.5mm×0.9mm)を用いて、がん病巣に直接放射線を照射する放射線治療装置です。
リニアック装置などで体の外から放射線を照射するより正常の細胞への影響が少ないので、がん細胞に一度にたくさんの放射線をあてることが出来ます。 主に食道がんや気管支のがん、子宮がんなどの治療を行っています。
最近では、放射線を病巣に集中させ周囲の正常組織の影響を抑えるために高度な照射法が開発されていますが、その照射法を検討するためには放射線治療計画装置が不可欠となっています。 3次元放射線治療計画装置は、X線CT画像やMRI画像を用いて患者さんの状態や腫瘍や周囲の正常組織の状態を考慮して、放射線を照射する方向や範囲、照射時間等を決めることができます。
X線透視を使って治療範囲や方向を決定する装置です。主に単純な位置決めや、緊急を要する照射の際に使用します。呼吸性移動や嚥下運動等を考慮したり、CT撮影の時には使用できない造影剤(バリウム等)を使って治療計画を行うことも可能です。
3次元放射線治療計画装置に必要なCT画像を撮影するための装置です。通常の診断に使われるCT装置と同じですが、治療時に必要とされる印をつけるためのレーザーや、治療時と同じ体位で撮影できるように平坦な天板を備えています。