• 古賀病院グループ
  • 新古賀病院
  • 古賀病院21
  • 新古賀クリニック
  • こがケアアベニュー
  • 古賀病院グループ 外国語サイト

泌尿器科

概要

泌尿器科では当院2階に診察室や治療室などを設けて、主に右図のような病気の診療を行っています。

特長

泌尿器科外来の待合室 泌尿器科外来の待合室

当科の診療には、下記の3つの特長があります。

  1. 放射線診断科や放射線治療科と連携した前立腺がんの検診-診断-治療の一貫医療体制が整っています。
  2. 大きな皮膚切開による開腹手術は行なわず、腹腔鏡手術、結石破砕治療、レーザー治療など身体への負担の少ない低襲性治療を行っています。
  3. 週1回、女性医師による診察を実施しています。

前立腺がんの治療

当院では、前立腺がんの検診(PET検診)―診断(泌尿器科)―治療(手術・放射線治療・ホルモン療法)の一貫医療体制が整っています。
また、前立腺がんの病状やインフォームドコンセント(正しい情報を伝えた上での合意)に応じて、患者さんが納得した上で手術や放射線治療、ホルモン療法などを選択し、治療していただくことができます。

PET検診

放射線診断科のPETを含む総合健診の中で、前立腺がんの疑いを調べるPSA(前立腺特異抗原)検査を実施しています。また、PET検査では、がん転移の有無も調べることができます。

放射線治療

放射線治療科では、前立腺がんの治療において手術と同等の効果が実証されているトモセラピー(強度変調放射線治療機)を導入し、副作用の少ない最先端のIMRT(強度変調放射線治療)を行っています。

前立腺肥大の治療

  • 前立腺肥大症は加齢に伴って前立腺が肥大し、尿道を圧迫して尿が出にくくなったり、夜中に何度もトイレに起きたりするようになる病気です。

    当泌尿器科では、「電気メスを用いた内視鏡手術(TURP)」と、「光選択的前立腺蒸散術(PVP)」での治療を行っています。

  • 肺CT画像

電気メスを用いた内視鏡手術(TURP)

尿道の中に挿入した内視鏡で前立腺を観察しながら、内視鏡の先端につけた電気メスで肥大した患部を切り落とす手術です。術中術後の出血が起こりやすく尿道カテーテルを術後4、5日留置するため、約1週間の入院が必要です。

光選択的前立腺蒸散術(PVP)

PVPの見取図

電気メスの代わりに、KTP(チタンリン酸カリウム)レーザーで発生した熱で肥大した患部を蒸散させる治療です。

術中術後の出血・痛み・腫れが少ないのが最大の特長で、出血などによる合併症の恐れが高い高齢者の手術も可能です。尿道カテーテルを手術翌日に抜くことができるので、最短1泊2日の入院で治療できます。

このPVPは、欧米など世界約30か国で実施されており、日本では2011年4月から保険適用になりました。国内では2005年に初めて導入された装置で、当院は全国で6番目のPVP導入施設です。

  • PVPでの手術

  • PVP装置写真 PVP装置

尿路結石の治療

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱に運ばれ、膀胱から尿道を通って排出されますが、結石は尿中のカルシウムやアミノ酸成分などが時間をかけて固まったもので、この尿の通り道にできた結石を尿路結石と総称し、結石が見つかった場所によって腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と言っています。

当院では、お腹を切らずに、体外から体内に発生させた衝撃波で、この尿路結石を破砕する治療を行っています。

結石破砕治療

当院ではドイツ・シーメンス社製の「LITHOSKOP」という結石破砕装置を導入しています。この装置は衝撃波エネルギーを照射するヘッドを3方向(上部、右斜め下部、左斜め下部)に移動することが可能で、どの部位の結石破砕治療も、患者さんは仰向けに寝た状態で出来ます。さらに、結石の正確な自動位置決め機能も搭載しています。

また、衝撃波は結石の種類や硬さに応じて最大3000発まで発生することが可能で、衝撃波のエネルギーを38段階にきめ細かく調整して、より低侵襲な治療を行うことが出来ます。

結石破砕での治療の様子 結石破砕での治療の様子

この装置を使用した結石破砕治療には

  • 健康保険が適用される
  • 開腹手術ではないので身体への負担が少ない
  • 高齢者や心疾患・糖尿病の方も治療できる
  • 治療は1回約1時間で終了する

などの利点があります。

腎臓・膀胱の病気の治療

内視鏡手術の装置と診療台 内視鏡手術の装置と診療台

腎臓がんや腎盂尿管がん、副腎腫瘍などは、大きな皮膚切開による開腹は行わずに、1~2cmの皮膚切開を3~4箇所つくり、その穴から腹腔鏡や鉗子などの手術器械を挿入して、お腹の中が映し出されたテレビモニターを見ながら行う腹腔鏡手術を行います。

また、膀胱がんなどは尿道からの内視鏡手術を行っており、いずれも身体への負担の少ない低侵襲性治療を実施しています。

女性医師による診療

  • 「トイレの回数が多くて長時間の外出をためらってしまう」
  • 「尿もれが前からあるけど誰にも相談できない」
  • 「おしっこする時に痛いけど、これって膀胱炎?」

など、泌尿器に関する悩みはあるけれど、病院へ行くのをためらっている女性の方には、グループ施設の新古賀クリニックの「女性外来」で、第1・3金曜日の午前中に「女性専門泌尿器科外来」を実施しています。

症例

2013年度 診療実績

前立腺がん手術 30例 うち根治的前立腺全摘 30例 うちロボット手術 10例
膀胱がん手術 79例 うち膀胱全摘尿路変更手術 8例    
うち経尿道膀胱悪性腫瘍手術 71例    
腎がん手術 11例 うち腹腔鏡下根治的腎摘出術 5例    
うち腹腔鏡下(後腹膜下)腎部分切除術 4例    
腎盂尿管がん手術 15例 うち腹腔鏡下腎尿管全摘術 15例    
前立腺肥大症内視鏡手術 光選択的前立腺蒸散術(PVP) 36例    
尿路結石症 経尿道的尿路結石破砕術(TUL) 45例    
経皮的腎結石破砕術(PNL) 17例    
対外衝撃波結石破砕術(ESWL) 61例    

一般の方のご予約はこちら

古賀病院21
外来予約 0942-38-3333
予約受付時間: 月~土(祝日除く)   8:30~17:00 外来診療のご案内

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • 新古賀病院
    0942-38-2222(代表)
    〒830-8577 福岡県久留米市天神町120
    交通アクセス
    新古賀病院
  • 古賀病院21
    0942-38-3333(代表)
    〒839-0801 福岡県久留米市宮ノ陣3-3-8
    交通アクセス
    古賀病院21
  • 新古賀クリニック
    0942-35-2485(代表)
    〒830-8522 福岡県久留米市天神町106-1
    交通アクセス
    新古賀クリニック