TOP > トモセラピー治療 >  保険適応となる疾患

保険適応となる疾患

強度変調放射線治療の保険適用(2010年4月より)
限局性の固形悪性腫瘍(すべてのがんが対象)
定位放射線治療の保険適用(1回ないし複数回の治療)
1.頭頚部腫瘍
2.脳動静脈奇形(頭頚部および体幹部)
3.直径5cm以内の転移病巣のない原発性肺癌または原発性肝癌
4.3個以内で他病巣のない転移性肺癌、または転移性肝癌
従来のリニアックによる放射線治療の保険適用
頭頚部癌、肺癌、乳癌、食道癌、肝癌、胆管癌、膵癌、泌尿器癌、直腸癌、子宮癌、悪性リンパ腫、 骨軟部組織腫瘍、骨転移、脳転移などほぼすべての悪性腫瘍
1.早期癌に対して治癒を目的とした治療
2.従来のリニアック治療などでは十分な線量を照射できない場合でも、病巣に絞って追加して照射することでがんを制御する確率を高める治療
3.再発・転移、進行癌に対してもがんを極力制御し、進行の抑制や症状の緩和をはかり、
限局した病巣であれば予後の延長や治癒もめざす治療
4.疼痛緩和や麻痺の予防などのため、短期間かつ少ない副作用で行なう治療 など