PET検査について

PET検査トップ > PET検査について PET健診の注意事項

PET健診の注意事項

検査に関する注意事項

項 目 注意事項
PET検査について ブドウ糖によく似た構造の薬(FDG)を注射して、体内での広がりを見る検査ですので、糖尿病で血糖値が高い場合、適正な結果が得られない場合があります。
血糖値の高い方で、PET検査をご希望の方はお問い合わせください。
MRI検査を
お受けになる方へ
以下の内容に該当する方はMRI検査を受けることができませんので、あらかじめご了承ください。
● ペースメーカー・人工内耳など、体に金属が入っている方
● 閉所恐怖症の方
● タトゥーをしている方
  ※詳しくはお問い合わせください。
胃カメラ検査を
お受けになる方へ
● 検査前日の夕食は、消化のよいもので午後8時までに済ませてください。
  なお、胃の手術歴がある方は午後6時までにお済ませください。
    ※内視鏡麻酔使用時は、お車の運転が終日できません。
  ※詳しくは、事前に郵送いたします「胃カメラを受ける方のために…」のに記載されている
  <検査前日><服用中の薬等についての注意事項>で必ずご確認ください。
大腸カメラを
お受けになる方へ
● 検査前日の昼食から、大腸カメラ用のお食事をご自身でお召し上がりいただきます。

健診前の注意事項

項 目 注意事項
運動について 検査前約1週間は激しい運動はお控えください。PET検査に影響が及ぶことがあります。

健診当日の注意事項

項 目 注意事項
飲食について PET検査当日には食事制限がありますが、PET検査を実施する時間や、その他の検査によって食事制限の内容が変わります。
詳しくは、健診2週間前にお送りする「検査連絡票」でご確認ください。
お薬の服用について 血圧の薬・心臓の薬を服用されている方は、検査当日も通常通りご服用ください。
糖尿病のお薬やインシュリンの投与が必要な方は、健診当日の朝(お食事を抜いた朝)は
  投与せずにお越しください。
排尿について 受診日の朝は健診受付前に排尿しないようご注意ください。
※ 遠方から来られる方については、早朝に排尿された場合は、
  その後健診受付まで排尿されないようご注意ください。
駐車場 ● 駐車場はこちらをご参照ください
● 駐車時に発券された駐車券はお持ちになり、PET画像診断センター受付にご提示ください。
健診受付 古賀病院21のPET画像診断センター内です。
古賀病院21の総合受付ではPET健診の受付を行っておりませんので、直接PET画像診断センターまで起こしください。
ご持参いただく物 検査連絡票 : 事前に郵送いたします。
健康調査票 : 事前に郵送いたします。診察の際に判定の手がかりとなりますので、
  詳しくご記入の上ご返送ください。
同意書 : 事前に郵送いたします。内容をご確認の上ご署名ください。
保険証 : 2次検査などで保険診療が発生する場合に必要となります。
採便容器 : 事前に容器を2本郵送いたしますので、健診当日までの3日以内に、
  それぞれ別の日に採取してご持参ください。
健診料金 : ご持参いただく料金は、事前にご郵送する「検査料金のご案内」でご確認ください。
  各種クレジットカードでもお支払いいただけます。
検査着 ● PET画像診断センターで用意している検査着にお着替えいただきます。
● 検査着の下には肌着、無地のTシャツ、靴下を着用していただいて結構です。
  ただし、時計やアクセサリー、金具の付いている下着はご着用いただけません。
貴重品 鍵のかかる個人ロッカーをご用意しています。