院長あいさつ

新古賀病院 院長 川﨑友裕 新古賀病院 院長 川﨑 友裕

社会医療法人天神会グループは、新古賀病院、古賀病院21、新古賀クリニック、野伏間クリニック、辺春診療所、こがケアアベニュー(高齢者総合福祉施設)群などが相互に連携し医療サービスを提供する総合医療グループとして成長してきました。
その基本方針は、
・『人々の豊かな生涯を支援する医療』を理念とし、地域に根ざした最高の医療を提供するという高邁な理想のもとにチーム医療を実践する。
・医療人として常に研鑽を積み、人として豊かな感性と温かいこころで病める人に接し、安全で高度かつ思いやりのある医療を提供することを行動規範とする。
・医療の進歩を進んで受け入れ、常に診療の改善に努める姿勢を持つ。
であり、筑後広域医療圏における先進医療や救急医療の現場で先頭に立ち、これまで以上に患者様の立場に立った安全で高度な医療を実践して行きたいと考えています。

その中で新古賀病院は天神会グループの中核を担い、「24時間365日、断らない」救急医療および先進医療を提供していく姿勢で臨んでおり、2010年4月には「地域医療支援病院」として承認され、2018年8月にはJ IH(Japan International Hospital)に認定、2019年1月には最新の病院機能評価(3rdG:Ver.2.0)に認定されるなど、地域医療のみならず増えてきた海外からの患者の受け入れなども視野に入れ、グループ連携や病病・病診連携を深めて患者さん中心の病院診療に取り組んでいます。

医療体制としてチーム医療はもちろん、「心臓血管・リズムセンター」、「脳卒中脳神経センター」など科別にセンター化して医療技術の向上を図るとともに、センター間の垣根を無くし「ヨコ」のコミュニケーションを取りながら充実した医療を提供できるように心がけています。また近年では「ダビンチ」によるロボット手術や、「経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)」に代表されるカテーテルによる弁膜疾患の治療など、最先端の「低侵襲治療」を積極的に取り入れ実績を重ねて来ています。

このように、私たち天神会スタッフは『人々の豊かな生涯を支援する医療・介護の実現に向けて』という理念のもとに、医療の3S(service:奉仕、sincerity:誠実、study 勤勉)の精神と笑顔を忘れずに日々の診療を行い地域医療に貢献し、当院を選んでいただいた患者様や紹介していただいた先生方からの「信頼を裏切らない」、「満足していただける良質の医療サービス」が常に提供できるよう努力をしてまいりたいと思っています。