久留米市の健康管理センター ホーム > 当センターについて > センター理念

センター理念

人々に豊かな障害への予防医療

行動規範

①質の高い健康診断を行い、正確かつ迅速な情報を受診者へ提供します。
②心の通った医療サービスを心掛けると共に、利用者の権利を尊重し、個人情報の保護を遵守します。
③医師・保健師・管理栄養士等が連携し、疾病予防と早期発見に努めます。
④地域医療機関との連携を緊密にし、二次精検の強化・疾病の早期発見の支援に努めます。

⑤私たちは医療人として、より良い健康情報が提供できるように、節度ある態度を持つように自主研鑽に努めます。

受診者の権利と責務

①受診者は自らの健康情報を提供する義務があります。
②受診者は、健診結果や診療について納得できるまで説明を受け、他の医師の意見を聞く権利があります。
③受診者には「真実を知る権利」と、理解し納得するために「十分な説明を受ける権利」があります。また同時に「知ることを放棄する権利」もあります。

④受診者には自分の意志で「受診を選択する権利」と「受診を拒否する権利」とがあります。
⑤医師及び医療従事者には、業務上知りえた受診者および家族についての私的、公的な「情報を他に漏らしてはならない守秘義務」があります。
⑥医師及び医療従事者には「裁量権」があります。これは臨床医学が持つ本質的不確かさにより起こる事柄に対し、学識経験に基づいて判断し、健診行為を行う事です。
⑦医師および医療従事者は、受診者および家族の要求が「自らの良心や価値観」に反する場合はこれに応じない権利を有します。
⑧受診者には「受診者の権利」があり、その権利には「義務と責任」が伴います。