• 古賀病院グループ
  • 新古賀病院
  • 古賀病院21
  • 新古賀クリニック
  • こがケアアベニュー
  • 古賀病院グループ 外国語サイト

足病センター

足病センタースタッフ集合写真

足病センターとは

  現在、日本では糖尿病、慢性腎不全などを背景として足への血流が悪くなり、小さなキズから足趾の壊死が進行しやむなく切断、歩行できなくなる「足病変」の患者様が爆発的に増加しています。高齢化で寿命が永くなったとはいえ、早く「歩行寿命」を迎えてしまう方が多いのです。
  当センターでは、内科・外科医師・看護師によるフットケア・理学療法士による歩行チェック・装具士による足保護装具作成など、総合的な足の治療体制をとり「かけがえのないあゆみを守る」理念のもと治療に当たっています。

 

陥入爪 陥入爪(巻き爪がひどく肉に食い込み傷となる状態)

趾先 趾先(第2趾)の糖尿病性虚血性潰瘍

こんな症状の方に

  • 胼胝(タコ)
  • 鶏眼(ウオノメ)
  • 巻き爪
  • 外反母趾
  • 足のむくみ
  • 角質ケア

病気が原因の足の障害にも

  • 糖尿病による変形
  • 静脈うっ滞性皮膚障害
  • 閉塞性動脈硬化症に伴う障害
  • リンパ浮腫

血流の改善の治療

  歩くためには可能な限り足を残す必要があります。
  潰瘍・壊疽ができてしまった患者さんの足を切断から守るために、カテーテル治療やバイパス手術を行います。

 

手術風景

レントゲン画像

外科的治療

  感染・壊疽となった傷を閉鎖し感染を収めるためデブリードマン(痛んだ組織の掃除の手術)や陰圧閉鎖療法・植皮術など形成外科の技術を駆使し、可能な限り健常組織の温存を目指しています。
  やむを得ず切断を行う際も、治癒できる中で、より歩行機能に有利な切断をと心掛けています。

 

手術風景

レントゲン画像

施設概要

特長1:足圧測定器導入

特長2:足専門の義肢装具士が在籍

特長3:看護師によるフットケア

外来診療予定表

 

新古賀病院
外来予約0942-38-2271
予約受付時間:月~金 8:30~16:30
                        土 8:30〜11:30
外来診療のご案内

 

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • 新古賀病院
    0942-38-2222(代表)
    〒830-8577 福岡県久留米市天神町120
    交通アクセス
    新古賀病院
  • 古賀病院21
    0942-38-3333(代表)
    〒839-0801 福岡県久留米市宮ノ陣3-3-8
    交通アクセス
    古賀病院21
  • 新古賀クリニック
    0942-35-2485(代表)
    〒830-8522 福岡県久留米市天神町106-1
    交通アクセス
    新古賀クリニック