心臓血管外科

概要

当科では心臓血管外科医が心臓血管センター関連部門と密接な連携の元、日々の診療に当たっております。

特長

心臓・胸部大血管手術に関しては手術症例が高齢化し複合手術が増加するとともに、種々の合併疾患を有するいわゆるハイリスク症例が増加しています。まずは循環器内科にて手術適応かどうかを検討し、その後、心臓外科との検討会にて最終的に判断しています。その後、患者様、御家族に対して、外来で病状と手術に関して充分に説明し、治療方針を決定していただいています。入院後に2回目の説明を行ない、循環器内科による術前管理、レベルの高い心臓麻酔、ICUや病棟での循環管理や看護、術後早期からの心臓リハビリテーション介入、服薬指導、栄養指導など、多くのスタッフと力を合わせて診療にあたっています。

また、内頚動脈内膜剥離術や下肢動脈バイパス手術など、ほぼ全身の末梢血管手術も積極的に行っております。さらに、臨床にて得た知見を学会や医学雑誌等においてに積極的に発表しています。

 

 

症例

2017年度の手術総数は133例でした。 症例としては4割強が弁膜症手術で最も多く、高齢者大動脈弁狭窄症に対する大動脈弁置換術が9割を占めています。

大動脈弁置換術には冠動脈バイパス術や上行大動脈置換術を、僧帽弁手術には三尖弁手術や心房細動に対するメイズ手術等を行った症例が多く、そのような複合手術が増加しています。真性の胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤に対しては、瘤の部位と伸展様式、主要分枝との位置関係、手術に伴う危険因子等を考慮し、人工血管置換術かステントグラフト内挿術かを慎重に決定しています。

 

一般の方のご予約はこちら

新古賀病院
外来予約 0942-38-2271
予約受付時間: 月~金8:30~17:00、土8:30~12:00 外来診療のご案内